ロレックスオーバーホールを行なう【大切な高級時計を丁寧に扱う】

腕時計

こまめにチェック

男性

ロレックス時計の場合でも、故障はおこってしまいます。また、きちんとした手入れをおこなっていないと、つまみ部分からゴミが入ってしまい故障の原因となってしまいます。時計の場合は、つまみ部分からゴミが入って壊れてしまうことがあるのです。また、つまみ部分にゴミが溜まってしまうとネジを回せなくなる原因となってしまいます。そのため、急な故障がおこった場合にすぐに対処することができなくなってしまいます。修理を出す際にも、オーバーホールを過去に一度もおこなったことがない場合は、全てのパーツを分解する必要があるので、修理を出しても戻ってくるまでに時間がかかるので注意しましょう。ロレックスの時計を大切に扱うには、お手入れをおこなうのと定期的なオーバーホールを修理専門店に出すようにしましょう。

ロレックスの時計を毎日身につけている人は、ブレスレットのネジに外れかかっていないかチェックするようにしましょう。ブレスレットのゆるみやネジが外れかかっている場合は、時計が腕から落ちてしまう原因となってしまいます。そうなってしまうと、時計に大きなキズがつくだけでなく、落としたことに気付かない場合もあるのです。そのため、ブレスレットが最近ゆるみ始めたと感じる人は、ロレックスのオーバーホール専門に出すようにしましょう。ロレックスのオーバーホール専門に一箇所の修理を依頼する場合は、早ければ1周間で戻ってきます。この修理は全てのパーツを取り換える必要がないので、数ヶ月待つ必要がありません。